ENGLISH

TEL 052-751-8188

INTERVIEW

Dr.Yudo Hachiya

1984年 藤田保健衛生大学医学部 卒業
1984年 藤田保健衛生大学医学部 整形外科 研修医
1992年 藤田保健衛生大学医学部 股関節・小児班 チーフ
1992年 米国・University of Pennsylvania 留学
人工関節手術の先駆けのJohn Cuckler先生に師事し、約1年間におよび同種骨を用いた関節再建について学ぶ
1995年 はちや整形外科病院 院長 就任
2004年 はちや整形外科病院 理事長 就任

【資格等】
医学博士
名古屋市立大学医学部客員教授
藤田医科大学客員教授
日本整形外科学会認定 整形外科専門医
日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会 名誉指導医
日本リハビリテーション医学会 専門医
日本組織移植学会 認定医
日本整形外科勤務医会 幹事
日本最小侵襲整形外科学会 世話人
特定非営利活動法人メリジャパン 常務理事
Asia Pacific Association of Surgical Tissue Banking - 評議員
日本移植学会   評議員
日本組織移植学会 理事
日本運動器移植・再生医学研究会 幹事
財団法人 愛知骨軟部組織移植振興財団 理事
東海骨バンク 代表幹事
特定非営利活動法人 骨バンクネットワーク東海 理事
日本脊椎インストゥルメンテーション学会 評議員
日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会 世話人
骨粗鬆症性椎体骨折研究会 世話人
日本成人脊柱変形学会 世話人
日本股関節学会 評議員
日本人工関節学会 評議員
東海関節外科研究会 幹事
東海人工関節研究会 世話人

整形外科医になった理由を教えてください。

私は幼い頃から父が行っていた医療行為を間近で目にしてきました。名古屋初の整形外科として創設された医療施設であり、当時は昼夜問わず患者さんが来院されていたことをよく覚えています。非常に厳格な父だったこともあり、反発して別の道を考えたこともありましたが、私以外に後を継ぐ者はおりませんでした。一代で歴史を終わらせてしまうことは当院を頼りに来て頂いていた患者さんや支えてくれていたすべての人を裏切る行為でもあると感じ、いつしか父の創設した病院を守りたいと思うようになり、後を継ぐことを決意しました。

仕事をしているうえでのやりがいは何ですか。

何かに病んでいる人を元気にできることにやりがいを感じます。医療とは病気を治すことではなく病人を治すことです。 その結果、人に幸福をもたらすことができれば、医療人にとってこの上ない幸せとなるでしょう。不安気な顔の患者さんには 優しい言葉を、不満気な顔をした患者さんにはしっかりとした説明を、治療意欲をなくした患者さんには叱咤激励を、これらはすべて医療におけるサービスのひとつと考えます。

日頃気をつけていることはどのようなことですか。

医療に携わる人間はみな、プロフェッショナルでなくてはなりません。日進月歩の医療技術に対応するために、常に自己啓発と情報収集を怠るべきではなく、その知識と技術を修得するための努力を惜しんではなりません。チーム医療を行う上で、人を思い遣る心を忘れてはなりません。水準の高い医療行為は医師一極制の医療ではなし得ず、チーム医療がなされて、初めてそれを維持できます。

はちや整形外科病院を受診される方へ一言。

一人でも多くの患者さんに、笑顔で病院を後にしていただけるよう、常に高い水準の医療技術とサービスを提供できる病院でありたいと思います。 困っていることがあれば、いつでもいらしてください。

※現在蜂谷医師は外来診療のみを行っております。

BACK